スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽化報告 その後

温度ショックの失敗により羽化が遅れているところ私の不測のケガにより新成虫の掘り出しが遅れていましたが、ようやく体も動くようになってきましたので掘り出しを進めています。


今年は、皆さんもそうでしょうが不全がとにかく多いです。

♂が多いのは分かりますが、♀もそれなりに出ているので余計に多く感じます。


最近では、あまり大きい部類には入りませんが、少しだけご紹介出来そうな個体が出ましたので発表します。


YG14-1712
YG14-1712

YG14-1712
7/4 LG-SP-800
10/5 LG-1400 35.2g
1/11 C-63-1500 31.5g
5/上 羽化
7/5 計測 86.0mm

3本目交換前にキノコが発生したせいか体重を落としての交換でしたがギリギリ86mmUPしてくれました。

C-63に交換してからはキノコは全く生えず菌糸の状態は最高に良い状態で羽化してきました。

私にとっては初めての86mmUPでしたので非常に嬉しかったです。

この♂86.0mmは我が家の14年17番ラインですが、種♂81.1mm×種♀53.2mm(早期羽化)からの羽化になります。

種♂81.1mmは陸王さんがwaizuさんから幼虫をお譲り頂いて羽化させた個体を13年に里仔に頂きました。

種♂81.1mmの同腹最大はwaizuさん宅から♂86.7mmで陸王さん宅からは♂85.1mmを出されております。


♀親53.2mm(早期羽化)は我が家の13年6番ラインになります。

この6番ラインは、先日ご紹介した♂85.8mmの♀親も同じ6番ラインになります。


管理表を公開していないので少しでも分かりやすくご説明させて頂きました。

出来るだけ早く管理表を公開する予定です。

REGA90さんよりは早く公開したいです。(笑)


それでは、次の個体です。


YG14-1513
YG14-1513

YG14-1513
6/13 LG-SP-800
9/23 LG-1400 35.3g
12/30 E-24-1500 37.8g
6/中 羽化
7/7 計測 86.5mm

これも、3本目交換前にキノコが発生しましたが体重を増やしていました。

掘り出しをするまで菌糸は綺麗な状態でした。
蛹室が全く見えない場所だったのですが、同腹の羽化が体重が軽い割りに成虫サイズが大きかったので、急遽期待出来るかな?と思っていましたが、完品で綺麗に羽化してくれましたので良かったです。

当初は、別のラインに期待していましたが、そのラインは結局ダメでした。
このラインも、もちろん良血なので期待していましたが、幼虫体重で言うとそれほどでもなかったので、それ以上の体重の乗ったラインに注目していましたが・・・

分からないものです。。。

この♂86.5mmは我が家の14年15番ラインになりますが、種♂81.5mm×50.1mmからの羽化になります。

種♂81.5mmはGullさんから譲って頂きました。

種♂81.5mmはGullさんYG1202の個体になります。(説明は要らないでしょう)


種♀50.1mmは陸王さんから里仔に頂きました。

種♀50.1mmは陸王さんR13-009になります。


まだ♂の掘り出しは20頭ぐらいは残っていて大きい個体も居ますが、恐らく87mmUPは出ないと思います。
出たら発表しますが・・・!

最終報告は、また改めてですが14年度は自己ブリは23ラインで幼虫が8ラインしか採れなくてスタートしましたが、現段階で7ラインで85mmUPが出ました。(1頭は尻出です)上翅で計測(尻までだと86mmでした)

♂85mmUPは完品で7頭・尻出が1頭

残りの1ラインも最大は84.3mmでした。


それなりに大きいのは出ましたが、ここ一発の大きいのは出せませんでした。

不全も多かったですし、納得は出来ませんが現実は受け入れようと思います。


それから、写真がいつもと違うので説明しますが、いつもは嫁さんに手伝ってもらって外で撮っていましたが、今回は私が中腰になるのが難しいので室内でテーブルに座って撮影しています。

光の加減で見にくいかもしれませんがお許し下さい。
画像処理や犯しなことはしていませんので・・・

それから、2枚目の液晶の数字が急に濃くなっていますが、1頭目を撮った後にパソコンで確認しましたら数字が薄いことに気付いたので急遽電池を入れ替えましたので濃くなっています。(汗)


今まで以上に写真撮りに気を使います(笑)


15年度も始まりましたが、不測のケガにより全ての事が遅れていますので、どうなるか分かりませんがこれから頑張っていきますので、皆さま宜しくお願い致します。


スポンサーサイト

2015年 阿古谷 種親&ライン紹介

このところ85mmUPが各所で出されているようですが、我がKOK会長こと桑名鷹さんの86mmUPには本当に驚かされました。

常日頃の努力と熱意が実ったのでしょう。
心からお祝い申し上げます。


ブログを始めてから阿古谷の話題は書いたことは無いですが、私はオオクワとの出会いは以前にも書いたかもしれませんが、知り合いから幼虫を5頭頂いて育てたのが始まりでした。

その時は、何も分からなかったのでボトル交換も近くのクワショップに菌糸ごと持ち込んで交換してもらっていました。(笑)

常温管理だったので、羽化まで4本の交換全てをそのショップに任せていました。

今から考えると、毎回車で15分ぐらい揺られて、3回もの交換に耐えて5頭全てが完品で羽化したことが凄いなと今だから思います。

当時は、何も考えていなかったので掘り出しをして羽化した成虫を初めて見た時は感動でした!
オオクワの成虫を見たこと自体が初めてでした。

そして、はまって今に至るわけですが、初めて羽化した成虫を見たのが7月か8月頃だったと思いますが、
自分で育ててみたいと思い、直ぐにオークションで手に入れたのが阿古谷のペアでした。

それから、慌てて勉強をしてペアリングをして1本目投入が9月下旬でしたし常温管理でしたので大きく羽化させることは出来ませんでしたが、初めて自分でブリードした産地でしたので愛着も有るので阿古谷を累代しています。

その時羽化した1番大きな♀46.6mmに、以前に種親をお世話になり今でもお付き合いさせて頂いているMopar dorcusさんからお譲り頂いた超カッコイイ♂79.0mmの間から産まれた個体です。


AK13-307 ♂83.6mm
AK13-307ー①

AK13-307ー⑤

AK13-304ー②


父親のサイズを遥かに上回る83.6mmが出てくれました。
種♂は大顎が大きくカッコ良かったのですが、この個体も大顎は父親譲りの大きさでカッコ良くて、それでいて父親をゴツくして大きくなった感じかと思います。

種♀も大型血統の阿古谷でしたが、何せ46.6mmですし、同腹♂最大も76mmでしたので、やはり種♂79.0mmの威力が凄かったのだと思います。

Mopar dorcus様には感謝しきれない気持ちでいっぱいです。


次は、12年の夏にオークションで羽パカの♂83.3mmペアが出品されていましたので、ついポチっといっちゃいました。
当時は能勢でも♂83mmUPの個体はオークションでも珍しく、まして阿古谷でとなると尚更珍しかったので、羽パカでは有りましたが♂83.3mmとペアで同腹の♀52.0mmが我が家にやって来ました。

この方は阿古谷では数少ない大型を真剣にブリードされていたurara82さんという方で、♂83mmUPを他にも出されていました。

このインラインから産まれてきた個体です。


AK13-201 ♂83.4mm
AK13-201ー③

AK13-201ー②

AK13-201ー①


阿古谷らしいごつい感じの個体ですが、父親の羽パカを遺伝せず完品で産まれてきてくれました。
同腹の♂は5頭でしたが、♂全てが完品という素晴らしい状態で羽化してきました。
サイズも上から83.4・82.4・82.1・79.0・78.7mmでアベレージは81.1mmでした。
阿古谷としては上出来かなと思っています。

他に、この2番♂83.4mmの同腹♂82.4mmも種親に使いました。

15年度はこの3頭の♂に1頭ずつ♀を付けました。


それでは、15年度 阿古谷ラインの発表です。

1番 ♂83.6mm(AK13年3番)×♀54.4mm(AK13年2番)


2番 ♂83.4mm(AK13年2番)×♀53.0mm(AK13年3番)


3番 ♂82.4mm(AK13年2番)×♀52.4mm(AK13年3番)


全て自己ブリで13年2番と3番のアウトラインのみです。

能勢YGと久留米がありますので、少なめの数ですが楽しみにしています(^^♪

阿古谷で85mmUP出来たらと思っています。


15年久留米 種親のご紹介

22日と23日の2日間は本当なら家族で旅行に行く予定でしたが、私と愛犬の調子が良くないので急遽中止になりまして延期になりました。

ペンションの予約も当日キャンセルすることになり、ペンションにもご迷惑をかけますし、何よりキャンセル料金も発生するので覚悟しましたが、そのペンションの女将さんが寛大なお方で快く当日キャンセルを受け入れて下さいました。

とても、有難かったです。

また、2週間後に改めて予約をしましたので、今度は体調管理をしっかりして楽しんできたいと思っています。

大した事は無さそうでしたが、午前中は大事をとって少し安静にしていました。
午後から天気も良く暖かいのでお彼岸という事もあってお墓参りに行ってきました。

車で15分ぐらいの場所ですが、中々行けず1年ぶりでしたので雑草が結構生えていてご先祖様には大変申し訳無いと思い嫁さんと必死で綺麗にしました。

この墓地は市営で大きな公園のような墓地なので、お参り後に私を含め嫁さんと愛犬とで広い墓地内を散歩をして帰路に着きました。

何だかダラダラすいません。。。



それでは、本題に入ります。

今年は2年ぶりに久留米を復活する予定でと言うか、昨年も久留米は1ラインだけブリードしたんですが卵を産んでくれなかったので、今年は5ラインほど頑張ってみようかと思っています。

♂は昨年羽化した自己ブリの2頭をメインでいくつもりです。

まず、1頭目は我が家で初めて出た85mmになります。


KR13-413 ♂85.0mm
KR13-413ー①

KR13-413ー②

KR13-413

最近では85mmは普通サイズになってきましたが、私が始めた12年当時はまだ限られた方にしか出せないサイズでしたので85mmというのは1つの大きな目標としていました。

それが、2年目のブリードでしかも1年早く始めた能勢YGでは無くて、初めての久留米で出せたのは私自身としても信じられませんでした。

前年に能勢YGで♂84.4mmを出せましたが、85mmはやはり大きいですね!
たった0.6mmの違いですが、全然違うことに驚きました。


そして、2頭目も同腹兄弟の84.8mmになります。


KR13-408 ♂84.8mm
KR13-408ー①

KR13-408

この2頭は我が家の13年4番ラインの仔になります。
以前にこの4番ラインの種親の紹介はさせて頂きましたが、♂親はメルリンさんの11年1番♂80mmと♀親もメルリンさん11年7番♀52mmでした。

凄い期待をしてブリードをスタートさせましたが、2本目交換時の体重は30.0gが最大で25g以下も多数居ましたので、少し期待外れな感じがありました。

3本目交換時の体重も30gを超えたのは♂13頭中5頭と半分以下でしたので、やはり能勢YGに比べると難しいなと思いました。

結局無事に羽化できたのは♂は11頭でしたが、掘り出す個体、掘り出す個体がとにかく大きくてビックリしました!

♂最大は完品で85.0mm、微かに上翅の閉まりが甘い85.1mmで♂10頭中8頭が84mmUPで、最少が82.7mmでした。
♂のアベレージは84.3mmでしたので、これは凄いなと思いました。

B品も何頭か出ましたが、驚くべきは幼虫体重が20g台から続々と84mmUPが出ているというのが衝撃でした。
28.1gから♂84.6mmとか、種親に決定した今回の♂85.0mmと♂84.8mmも29g台からの羽化でした。

この還元率の良さが次の累代でどうなるかが非常に楽しみにしています。

今年はこの♂2頭とこの♂2頭の♂親80mmをもう1度同じ♀親52mmでブリードしてみようと思っています。
3年目のブリードになるので成功するかどうかは分かりませんが試してみます。


次は相手の♀のご紹介ですが管理カードのみになります。
1頭目はmasukoさんからお譲り頂いた♀個体になります。


masukoさん13年8番 ♀52.7mm
種親♀15年masuko-527mmー①

masukoさんの13年8番血統の♀52.7mmになります。

この8番血統は♂83.5mm(masukoさん2011年4番)×♀53.6mm(masukoさん2011年7番)からの仔になります。

同腹最大♂個体は85.8mmを出されています。


次はエバクワさんからお譲り頂いた♀個体になります。


エバクワさん13年1番 ♀53.5mm
種親♀15年エバクワ-535mmー①.

エバクワさんの13年1番ラインの♀53.5mmになります。

この1番ラインは♂84.6mm(エバクワさん11年5番)×♀52.5mm(hizoさん854同腹)からの仔になります。

同腹最大♂個体は85mm台の羽パカで異腹最大は♂86.4mmを出されています。

エバクワさんは、この1番ラインの早期♀を今季に使われていますが、♂4頭全頭が幼虫頭幅が13mmを超えているそうです。


どちらの♀も非常に期待が出来ると思っています。

この場をお借りして、masukoさんとエバクワさんには大変素晴らしい♀個体をお譲り頂きまして本当に有難う御座いました。

来年に良いご報告が出来るように頑張ります。


他には自己ブリの♀を2頭予定していまして全部で5ラインになります。
1ラインはインで行きます!



かい~の!

皆さんのブログを拝見していると、この時期はやはり来季の種親ならびに補強の紹介が多くなってきましたね。

皆さんほどインパクトは無いですが、私なりに頑張ってみましたので、来期の主な種♂のご紹介をさせて頂きます。

まずは、いつもお世話になっているshimaさんからお譲り頂いた♂個体です。


80系 H25-8-18 ♂83.2mm
種親♂15年shima-832mmー③

種親♂15年shima-832mmー②

種親♂15年shima-832mmー④

種親♂15年shima-832mmー⑤

種親♂15年shima-832mmー①

あまり綺麗に撮れていませんが、思い切って5枚も載せてしまいました(笑)

私は毎年shimaさんから種親をお譲り頂いていますが、以前から80系統の♂が欲しいと思っていました。

オークションで出品されていたので、のんきに考えていましたら私が前から狙っていた♂81.6mmに入札が入ったので慌てて競り合いましたが1.5倍近くハネ上がりましたので泣く泣くの思いで諦めました。

出品されてから数か月が経っていましたので、当初の頃からするとかなりお安くなっていましたので、もう少し早くに落札していればと後悔しました。

写真で見る限りではサイズは1番小さかったですが♂81.6mmが1番顎スラで魅力的に見えました。

すると、翌日shimaさんからいきなり電話が・・・「○○さん、どうしたんですか?」とご親切にお声を掛けて頂きまして、私の気持ちもお伝えしたうえで♂83.2mmが良いのではということになり、その場で決断しました。

shimaさんにはご無理を言ってお譲り頂きました。

本当に、この場をお借りしてお礼を申し上げます。

受け取って見て、「中々、顎スラで良い感じじゃないかな」と思いました。

オークションの写真で見るよりもずっと良くて大変満足しています。

血統背景も素晴らしく同腹最大は♂86.4mmですのでポテンシャルも相当高いと思っています。

血が濃いくなってきている847系・866系・871系のエッセンスになってくれればと思っています。


1頭目から長々となりましたが、次は我が家で羽化した2頭のご紹介になります。


YG13-102 ♂84.2mm
YG13-102ー⑤

YG13-102ー④

YG13-102ー③

YG13-102ー①

YG13-102ー②


YG13-106 ♂84.7mm
YG13-106ー⑤

YG13-106ー④

YG13-106ー③

YG13-106ー①

YG13-106ー②


この2頭は、13年6月にshimaさんから幼虫で10頭お譲り頂きました中の2頭です。

ご存知の方も多いかと思いますが、このラインは多方面で超大型が羽化したようで1番有名なのはグリーンさんのところで♂87.5mmだと思いますが、他でも♂86.8mmやshimaさんのところでも♂86.3mmを出されている強烈なラインです。

最近だとそれ程大きくはないですが、♂84.7mmは我が家の能勢YGでは最大になります。

1頭目の♂84.2mmは手放す予定でしたが、このラインの♂2頭で使ってみようか悩んでいたところにグリーンさんがこのラインの♂を導入して2頭使いでいくとのことでしたので、私もやっぱり2頭で挑もうと思いました。

♂84.7mmは3本目で暴れてしまい、4月に4本目交換ということになり、その時の体重は26.8gまでダウンしてしまいましたが、そこから何とか84.7mmで羽化してきましたので凄い還元率ではないかと思います。

そして、最後のご紹介はワイドカウさんからになります。


88同腹 13YGD205 ♂81.7mm
種親♂15年ワイドカウ-817mmー④

種親♂15年ワイドカウ-817mmー③

種親♂15年ワイドカウ-817mmー②

種親♂15年ワイドカウ-817mmー①

種親♂15年ワイドカウ-817mmー⑤

サイズは小さいですが、写真で見た時に「これだ!」と思いましたので銚子オオクワガタさんからお譲り頂きました。

履歴でバレルのが嫌だったのでオークションでは買いませんでした(笑)

顎が大きくスラッとしていて私好みの♂個体です。

KOKで戦う為には88同腹を手に入れる事は必然でした(笑)

能勢YGの種♂は他に8頭の候補が居ますが、最終的にはYGだけで♂親8頭~10頭で勝負します。

それから、タイトルの言葉ですが、今回は張り切って何枚も写真を撮っていて、その中で素手とゴム手袋の2パターンで撮っていますが、今回は頑張って素手で撮ってみました。

というのも以前は普通に素手で触っていたのですが、何故か触った後に手が凄くかゆくなることに気付きました。

そうです。私はクワガタアレルギーのようなんです(泣)

クワガタを触ると手がブツブツになってかゆみが出ます。
そのことに気付くのに何か月も掛かりました(笑)

今では素手では触らず割りばしで挟むかゴム手袋をするかで作業をしています。

嫁さんには「向いてないんちゃう」と言われています。。。

そんな事にも負けずに頑張っていこうと思っています。










14年 能勢YG 種親のご紹介ー①

このところ、インフルエンザでモガキ苦しんでいましたが、ようやく家族からの隔離も解かれ自由になったので更新したいと思います。

しかし、インフルエンザに罹ったのは人生で2度目でしたが今回は本当に辛かったです。
ただ、医療の進歩は凄くて以前に服用したタミフルとは違い、新しいタイプの薬を処方されました。
これは、タミフルのような錠剤では無く目薬のような容器を口から直接息を吸って体内に入れるタイプでしたが、1度使ったらそれで終わりで後は咳止めを食後に服用するだけで、先生いわく1日もすればよくなるとのことでした。

「へぇ~」と言った感じでしたが、私の場合は1日半ぐらいから状態が急激によくなってきました。
ただ、インフルエンザなので隔離が必要なため暫らくは寝室から出られない日々を過ごしました。

久しぶりのパソコンに向かって座っていますが、やはり健康が1番ですね!


さて、タイトルにもあるようにいまだに14年の能勢YG種親の紹介です。
本当に今さらなんですが、後々の記録のためなんでお付き合いください。

今回ご紹介するのは、Gullさんからお譲り頂いた個体になります。

種親♂ YG14年20~23番ー①

種親♂ YG14年20~23番ー②

当時、Gullさんのブログは常にチェックしていましたが、管理表の更新を今か今かと待ちわびていました。
そして、更新された瞬間に問い合わせて頂きました。

恐れ多いとも思いましたが、勇気を振り絞ってご相談させて頂きました。

皆さん欲しいラインは大体一緒だったとは思いますが、私も12年2番か12年4番のどちらかをと考えていましたが、
Gullさんのご厚意にも甘えさせて頂き、両方のラインのペアと12年1番の♀計5頭をお願いしました。

♂のサイズとしては1番小さい個体ですが、同腹のポテンシャルに賭けていましたので手に入れることが出来ただけで満足でした。

この♂は今季の我が家の20番~23番の♂親として大活躍してくれました。

羽化結果は出ていないので、まだ分かりませんが幼虫の最大は39.0gが出てくれました。
血統から言えば40gUPはしないといけなかったと思いますが、これが私の現状の実力だと思って来期以降頑張っていこうと思っています。
アクセスカウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。